VERVE COFFEE ROASTERS新宿コールドプレスジュースのフライトとは?

新宿のニュウマンにオープンのVERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴコーヒーロースターズ)

本場アメリカのカフェではスペシャリティコーヒー以外のドリンクも大人気のようです。

しかもそれは日本でもじわじわと流行りだしているコールドプレスジュースと聞いてビックリ仰天。

スポンサーリンク


フライトジュース(THE FLIGHT)と呼ばれているジュースが大人気なんですが、これは一体どんなジュースなのでしょうか?

 

コールドプレスジュースとは?

コールドプレスジュースとは、新鮮な野菜や果物を低速回転のジューサーで絞り出したフレッシュジュース。

日本では現在でも高速回転のジューサーが主流ですが、高速回転の場合はミキサーの刃で切り刻む際に熱が発生するため、野菜や果物が持つ本来の栄養素(ビタミンや酵素など)を破壊してしまいます。

 

一方、低速回転のスロージューサーにはこの刃がありません。

ではどうやってジュースを作り出すのかというと、巨大なスクリューの形をしたブレードでゆっくりと押しつぶして果汁を絞り出します。

 

原理は石臼のような感じだと思っていただければ分かり安いでしょう。

そういうわけで、このスクリューはかなり頑丈で重い作りになっているんです。

 

そしてなによりスロージューサーで作られたジュースは、濃厚で信じられないほど美味しいと評判!

私もスロージューサーを使っていますが、人参をジューサーにかけると高速ジューサーで作ったジュースより濃いオレンジ色で、しかも量が多く搾り取れるんです。

更に驚いたことには、スローという名は回転数が遅いだけで、実際に絞りだすスピードは不思議とスロージューサーの方が早いんです。

 

口で説明するのは難しいので、とりあえず下の動画を見てください。


Verve coffee roastersは禁煙?それとも喫煙か分煙?

 

この動画はパナソニックの低速ジューサーですが、世界で一番売れているのは海外メーカーの低速ジューサー。

 

音も静かなので、小さいアパート暮らしの日本人にはかなりオススメで、朝からでも新鮮な野菜ジュースを作ることができます。

野菜が嫌いな子供にはフルーツをミックスしたり、ダイエットに悩む方にはヘルシーな野菜ジュースでプチ断食も可能。

海外では便秘に困っている人がスロージューサーでコールドプレスジュースを作って解消しちゃったりしています。

 

その効果は変な薬やダイエット食品を食べるよりも断然安全で効果的!

どんな食品でも新鮮であればあるほど栄養価が高く、古く酸化した食品は健康やお肌の美容にも悪影響を与えてしまいます。

その酸化のスピードを極限まで抑えた栄養価の高いジュースが、コールドプレスジュースなんです。

 

スロージューサーが高速ジューサーに負けている点があるとすれば、洗いやすさと価格くらいでしょうか。

私がスロージューサーでジュースを作る時に一番気をつけていることは、無農薬野菜なのでしっかりと水で洗って泥を落とすことから始めます。

これをやっていない人は結構いて、いくらオーガニックな健康野菜でも泥がついていると逆効果です。

目には見えないくらいの細かい砂もついていることがあるので、人参などタワシを使って洗える野菜は、水につけながらしっかりと洗い流しましょう。

 

そしてジューサーにかけるときは、皮ごと全てかけています。というのも皮と身の間に一番栄養価が高い成分が含まれています。

皮がない方が臭みが少なくて美味しいのですが、健康のことを第一に考えるのであれば、皮ごと全てをジュースにするのがお勧めです。

なんだかいつの間にかコールドプレスジュースの話ではなくて、ジューサーの話になってしまいましたね笑。

 

では次ではヴァーヴコーヒーロースターズのコールドプレスジュースを見ていきましょう。

でも、もしコーヒーについての情報をお知りになりたい方はコチラをどうぞ ⇒ ヴァーヴコーヒーロースターズおすすめメニューや料金の価格帯は?

 

Juice served hereのコールドプレスジュース

もともとヴァーヴコーヒーではコールドプレスジュースを提供してはおらず、ジュースを作るノウハウも持ち合わせていませんでした。

そのノウハウを提供しているのが、Juice served here (ジュースサーブドヒア)創業者のグレッグ・アルテルマン( Greg Alterman)。

 

Juce served hereの店舗では23種類のオーガニック(有機)なコールドプレスジュースが用意されていますが、ヴァーヴコーヒーでは10種類。

カフェ内ではこんな感じで番号付きのボトルに入れられて販売されていています。

それでは一つずつご紹介していきましょう。

 

画像元:Juice served here

画像元:Juice served here

#17番
グリーンイージー / Green Easy

原料
キュウリ・リンゴ・ピーマン・ほうれん草・ケール・レモン・パセリ・ロメイン


やや甘めで柔らかい味。キュウリが嫌いな方はちょっと辛いかもしれません。

効能
キュウリには強力な利尿作用があるので、余分な水分や塩分を体外へ排出するのでむくみが取れます。

リンゴは『1日1個で医者要らず』と言われるように、リンゴには血清コレステロール値を下げる効果があります。また、がんの予防にも効果があるとの研究成果も発表されており、ガンに悩む日本人にとっては手軽に食べることができるフルーツとして注目されています。

ピーマンはナス科の仲間でビタミンAとCを多く含む野菜です。また、ビタミンP(ヘスペリジン)は毛細血管を強化する作用があり、コレステロール値の改善作用もあります。

パセリには血栓を溶かすピラジンが含まれています。



画像元:Juice served here

画像元:Juice served here

#01番
フィールド オブ グリーンズ / Field of Greens

原料
ほうれん草・ケール・ロメイン・パセリ・キュウリ・セロリ・マイクログリーン


フルーツが入っていないので、甘さが全くない青物野菜ジュース。

効能
ほうれん草は整腸作用を促すので便秘に効果的!

ケールは生命力が高く、日本では青汁として知られるお野菜。ビタミンAはニンジンの2倍。そしてカルシウムは牛乳の2倍以上と栄養価が高く、骨粗しょう症になりやすい女性には必須のベジタブルです。

セロリには血管内壁に付着した老廃物を溶かす作用があります。



画像元:Juice served here

画像元:Juice served here

#09番
Green Milk / グリーンミルク

原料
アルカリ水・アーモンド・カシュー・ヘーゼルナッツ・ほうれん草・ロメイン・ケール・パセリ・デーツ・バニラビーン


青臭さは弱めで飲みやすくなっている

効能
アーモンドは便秘予防、カシューは女性に不足しがちなマグネシウムを含んでいるので、骨粗しょう症予防に効果的。

バニラビーンにはリラックス効果や滋養強壮作用が含まれています。

デーツとはヤシの木の実です。貧血改善・免疫力アップ・アンチエイジングなど様々な効能や栄養効果を含んでいます。



画像元:Juice served here

画像元:Juice served here

#05番
ブロックロッキンビーツ / Block Rockin’ Beets

原料
ビーツ(赤かぶ)・ニンジン・トマト・レモン・香草・ハラペーニョ


日本には馴染みのない臭みの強いビーツの味が強いジュース(かなり独特な味なので飲めない日本人が多い)

効能
ビーツには血液の流れを良くする効果があるので血栓を予防する働きがある。

人参に含まれるベータカロチンは体内の活性酸素を除去し、ガンや心臓病など様々な病気の予防や治療に役立つことがわかっています。

トマトはリコピンを多く含んだお野菜。抗酸化力がとても強く、動脈硬化の予防やがんの予防、そして喘息の改善などに効果があると報告されています。

スポンサーリンク


 

画像元:Juice served here

画像元:Juice served here

#04番
ターメリックタン / Turmeric Tang

原料
ニンジン・オレンジ・ターメリック・ココナッツクリーム・ライム


人参とオレンジの甘さが効いた飲みやすいジュース

効能
ターメリックは別名ウコンとも呼ばれるファイトケミカルが含まれた食品。
血栓や動脈硬化の予防に、食欲不振や消化不良を助ける効能があります。



画像元:Juice served here

画像元:Juice served here

#08番
パイプクリーナー / Pipe Cleaner

原料
リンゴ・レモン・生姜


リンゴの甘味とレモンの酸味、そして生姜の辛味は女性向きのお味。

効能
レモンには美肌効果や老化防止の効果があります。



画像元:Juice served here

画像元:Juice served here

#15番
Hot Lei / ホットレイ

原料
アルカリ水・パイナップル・レモン・ハニー・カイエン(唐辛子)


その名の通り、かなり辛さが強いジュース。ホットになれます!

効能
カイエンの強力な辛味が神経痛や筋肉痛を抑え、食欲不振にも効く。

 

 

画像元:Juice served here

画像元:Juice served here

#19番
チャコールレモネード  / Charcoal Lemonade

原料
アルカリ水・ローシュガーサトウキビジュース・レモン・モンモリロナイト粘土・活性炭


なんとも表現しづらい味ですが、飲みにくい味ではありません。

効能
洗顔料にも使用されているモンモリロナイトは飲用することも可能。
腸の中で排毒作用(デトックス作用)を発揮し、血液に至る前に毒素を体外へ排出するので、アンチエイジングにおすすめです。



画像元:Juice served here

画像元:Juice served here

#12番
クリームパーティー / Cream Party

原料
ココナッツ水・ココナッツ果肉


まさにココナッツジュースのお味

効能
ココナッツは体温を下げる効能があるので、暑い夏場におすすめです。



画像元:Juice served here

画像元:Juice served here

#21番
ピクシー /Pixie

原料
イチゴ・パイナップル・オレンジ


甘さの強いとても飲みやすいジュース

効能
ビタミンCを多く含んだイチゴは美肌効果抜群。また、鉄分を多く含むので冷え性や貧血に悩んでいる女性の見方です。

気になるお値段の方ですが、アメリカでは1本役10ドル程で販売されています。

日本では1000円くらいになるでしょう。

 

フライトジュース(The Flight)とは?

verve coffee42
ヴァーヴコーヒーロースターズでは、このコールドプレスジュースジュースを約10ドル程で販売していますが、その種類によっては青臭く、かなり飲み辛い味もあります。

そのため上記の写真のように、10種類の味のコールドプレスジュースを小さな小瓶に分け、どんな味なのか確かめながら飲むのがフライトジュース(The Flight)。

現地ではJuice Flightとも呼ばれているフライトジュースは、ワインやウイスキーフライトのように味見をするサンプルといったところでしょうか。

 

サンプルといってももちろん有料です。

ドリンクメニューにはジュースの番号と原材料、そして飲む順番も記載されているのでご安心ください。

でもこの順番を間違えると、最後に青臭く不味いジュースを飲まなくては行けなくなる事もあるので、初めての方は順番通りに飲むことをお勧めです。

 

ヴァーヴコーヒーのコールドプレスジュースはいかがでしたでしょうか。

日本の場合、オーガニック野菜の調達次第では全く別のジュースが提供されるかもしれません。

その時は情報を更新いたしますので、楽しみにお待ち下さいね。

また、ヴァーヴコーヒーロースターズの基本情報やお店の概要をお知りになりたい方はコチラを御覧ください ⇒ ヴァーヴコーヒーロースターズWiki風カフェ概要や基本情報のまとめ

自分でいうのもなんですが、かなり分かりやすくなっております笑。

この度は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です