マンデリンコーヒー豆の種類や特徴とは?トバコ,ブルーバタック,アチェにリントン

スポンサーリンク

※この物語はフィクションであり、味の感想につきましては多分に個人の意見が反映されています。



コーヒーはなぜ人々をこうも惹きつけるのでしょう。

 

名前に産地がついているものが多く、香や味を産地とブレンドして妄想と空想の世界で遊べるからかも知れませんね。

スポンサーリンク



今飲んでいるのは、マンデリントバコというコーヒーですが、ブルーバタック、アチェ、リントンなどいくつかの種類があり味の特徴や違いもあるので感想も様々です。

 

トバコとはインドネシアのスマトラ島の高地にある湖の名前です。

 

琵琶湖の倍以上の広さがあり、小さな村々には、たわわに実ったコーヒーの木があります。

 

はじめてのコーヒーに出会うたびに、はじめての生産者も想像し、素朴な笑顔に出会うのです。

 

今回はそんなコーヒー豆にまつわる思い出です。

 

次のページへ続く

スタバ2017年新作メニューの一覧と感想や評判まとめ!カロリーも!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です