ヴァーヴコーヒーロースターズWiki風カフェ概要や基本情報のまとめ

2016年4月、アメリカのヴァーヴコーヒーロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)が東京の新宿ニュウマン(NEWoMan)にオープンする話を知り、どんなカフェなのか調べるも、満足できる情報量をまとめたサイトがないことを知りショックを受ける。

 

コーヒー好きの私としてはどんなお店なのか気になって気になってしょうがない。

 

『ええいっ!情報がないんじゃいっその事自分で作っちゃえ!』

 

と思って作ったのがこのWikipedia風カフェ情報です。

スポンサーリンク

 

なるべく’’分かりやすくて読みやすい’’をモットーに、コーヒー好きの方の一助になればと思いながら作ってみましたのでよろしくお願いします。

ウィキペディアさんパクってごめんなさいm(_ _)m

 

記事内の青色文字はクリックすると、リンク先のページが開くようになっているのでご利用下さい。

 

VERVE COFFEE ROASTERS

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴコーヒーロースターズ)は、2007年にアメリカの音楽の短期大学で同級生だったライアン・オドノヴァン( Ryan O’Donovan)とコルビー・バー(Colby Barr)の2人がカリフォルニアに開業したコーヒーのチェーン店。

 

2016年4月15日にはJR新宿駅南口の商業施設『ニュウマン( NEWOMAN)』に日本1号店をオープンするなど、歴史は浅くまだ若いカフェですがいま最も勢いのあるアメリカのカフェなんです。

 

コーヒーの味やお店のデザインなど、その全てにこだわったヴァーヴコーヒーは、舌が肥えた日本の女性をも満足させる事間違いなしです!

 

概要

2007年、サーファーのメッカとして有名なアメリカ・カリフォルニア州サンタクルーズにVERVE COFFEE ROASTERS1号店をオープン。

 

コーヒーの種からの栽培・焙煎・抽出方法やお店の空間作りまでにこだわった、現在トレンドのスペシャリティーコーヒー(サードウェーブコーヒー)と呼ばれるスタイルのカフェ。

 

創設者はライアン・オドノヴァン( Ryan O’Donovan)、そしてコルビー・バー(Colby Barr)は共同創設者。

 

一杯ずつ丁寧にコーヒーを淹れるそのスタイルが市民の心を掴み、瞬く間に3店舗をサンタクルーズに構える人気ぶり。

 

2015年には同時にロサンゼルスに3店舗をオープンするなど、その強気の戦略が新聞や雑誌などの話題を集めました。

 

サンタクルーズはサーフィンはもとより、セーリングやダイビング、そしてNBAのプロバスケットボールチームの ’’サンタクルーズ・ウォリアーズ’’ を持つなどスポーツが盛んな地域。

 

山と緑に囲まれたその街並みはVERVE COFFEE ROASTERSのスタイルに多大な影響を与えることになる。

 

 

店名の由来

 

VERVE COFFEE ROASTERSの『VERVE』の意味は英語で’’情熱’’や’’活気’’という意味。

 

スポーツが盛んでアクティブなカリフォルニア人のライフスタイルに、音楽大学出身の創業者コルビーとライアンのクリエイティブなマインドが融合した店名。

 

サンフランシスコではなく敢えてサンタクルーズを選んだ理由について、『マウンテンバイクとサーフィンをこよなく愛するコルビーとライアンのライフスタイルにマッチしていたから』と雑誌のインタビューでも答えている。

 

因みに日本語でのカタカナ表記はバーブコーヒーでも、ヴァーブコーヒーでもなくヴァーヴコーヒーです。

 

 

商品情

 

メニューの特徴

VERVE COFFEE ROASTERSはコーヒーを専門に扱うカフェだけに食事のメニューはあまり多くありません。

 

新宿に進出した新店舗にはランチやディナーメニューはまっタックなく、ドーナツやクッキーなどのスイーツのみ。

 

本場アメリカで特徴的なのはスターバックスなど、他のカフェにはないコールドプレスジュースを取り扱っているところなんですが、日本ではそれも取り扱っていません。

 

コールドプレスジュースとは野菜や果物を圧縮し絞り出した健康ジュース。

 

VERVE COFFEE ROASTERSではこの技術やノウハウを持ちあわせてはいませんでしたが、’’Juice Served Here’’と呼ばれるロサンゼルスに店舗を構える会社とのコラボでコールドプレスジュースを提供しています。

 

日本のメニューは下記リンクを御覧ください。

ヴァーヴコーヒーロースターズおすすめメニューや料金の価格帯は?

 

 

アメリカの主なドリンクメニュー
※以下は主にアメリカで提供されている商品。日本で販売されていない場合もある。

コーヒー

  • ドリップコーヒー(DRIP COFFEE)料金:$4.25
    ※地元サンタクルーズのアメリカ西海岸では”DRIP COFFEE”ではなく、’’POUROVER(ポアオーヴァー)’’という名称。
    現地でDRIP COFFEEとオーダーすると事前に作られたコーヒーをポットから注がれてしまうのでご注意下さい。
  • ケメックス(CHEMEX)料金:$8(2人分)
    画像元:BLUE DONKEY

    画像元:BLUE DONKEY

    コーヒーマニアの間では言わずと知れたドイツ人のPeter Schlumbohm博士が70年以上もの前に発明したコーヒーメーカー。

    三角ロートの様なドリッパーとサーバーが一体になったスタイリッシュなこのフォルムは、円錐形なので一箇所から均一な濃さで落とせるのが美味しさの秘密。

  • コーヒー(COFFEE)     料金:$2.75/3.25
  • アメリカーノ(AMERICANO)料金:$2.5/$3
  • マキアート(MACCHIATO) 料金:$3.25
  • カプチーノ(CAPPUCCNO)     料金:$3.5
  • ラテ(LATTE)                                     料金:$3.75/$4.25
  • モカ(MOCHA)                                料金:$4.25/$4.75

 

VERVE COFFEE ROASTERSはスペシャリティコーヒーのため、他のコーヒーチェーン店と比べても高い値段設定になっている。

 

コーヒー以外のドリンク

  • ホットチョコレート(HOT CHOCOLATE)     料金:$3.5/$4
  • チャイ(CHAI)                 料金:$3.5/$4
  • ハニーティーボール(HONEY TEA BAQL)     料金:$4
  • バニラスチーマー(VANILLA STEAMER)        料金:$3.25
  • スパークリングティー(SPARKLING TEA)    料金:$3.25
  • 紅茶(TEA)                     料金:$2
  • アーモンドミルク(ALMOND MILK)         料金:$3
  • ミルク&クッキー(MILK $ COOKIE)            料金:$5
  • アフォガート(AFFOGATO)           料金:$4.5
    ※アフォガートとはバニラアイスクリームにジェラートやコーヒーをかけて食べるイタリアのデザート
  • ミルクシェイク(MILK SHAKE)                             料金:$7
  • キッズミルクシェイク(KIDS MILK SHAKE) 料金:$4

 

 

コールドプレスジュース

VERVE COFFEE ROASTERSがジュース専門店’’Juice Served Here’’とのコラボで提供するコールドプレスジュースはオススメの商品。

verve coffee42

低速回転のジューサーで圧縮して絞り出されたジュースは、野菜や果物が持つ本来の栄養分を破壊することなく健康的なジュースと話題になり、ロサンゼルスでは大人気となっている。

 

上記の写真は『フライトジュース(英語名:The Flight)』という名の、1度に10種類の味をテイストできるサンプル商品。バラ売りの値段は1本$10程。

 

もちろんサンプルのフライトジュースも$10程のお値段がします。

 

コーヒーと共にジュースも決して安くはない高めの価格で提供しているが、その品質や健康志向のこだわりが大変人気である。

 

 

コーヒー豆

VERVE COFFEE ROASTERSではもちろん、世界中から高品質なコーヒー豆を買い付けて販売している。

画像元:FACEBOOK

画像元:FACEBOOK

ケニヤ・エチオピア・コスタリカ・グアテマラなど、世界各国から選りすぐられたコーヒー豆は数々の賞を受賞している。

 

※以前は日本国内でも販売している店があったが、VERVE COFFEE ROASTERSが現在のところ日本進出と共に代理販売する店はない。

 

食事

パン菓子類

  • バタークロワッサン(BUTTER CROISSANT)
  • チョコレートクロワッサン(CHOCOLATE CROISSANT)
  • ハム&コンテクロワッサン(HAM & CROISSANT)
    ※コンテとはフランス語で硬質のチーズの意味
  • ラズベリーアーモンドベアークロー(RASPBERRY ALMOND BEARCLAW)
  • サンドイッチ
  • ケーキ
  • マフィン
  • ドーナツ
  • クッキーなど

 

主に軽食がメインのカフェ。

 

店舗の特徴

海と山の大自然に囲まれたサンタクルーズらしい明るくモダンなところがお店の特徴。

  • 店内は長椅子に落ち着いた雰囲気の色調
  • 広いフロアーに高い天井の贅沢な空間
  • 緑豊かなサンタクルーズを意識したテラス作り
画像元:

画像元:SPRUDGE

ウエストハリウッドにあるメルローズ店には、たくさんのハリウッドセレブ達が集まる人気のスポットとなっている。

スポンサーリンク

 

グッズ関連

  • マグカップ
  • ドリッパー
  • コーヒーサーバー
  • コーヒーグラインダー
  • コーヒーフィルター
  • 帽子
  • Tシャツ(MADE IN USA)
  • トレーナー

上記以外にもたくさんのVERVE COFFEE ROASTERSオリジナルグッズを取り揃えており、東京限定グッズも販売していますが、日本でのネット販売サイトはありません。

 

 

数々の受賞歴

2013年1月19日、『The 2013 Good Food Awards』のコーヒーカテゴリー部門で最高点を獲得。Thrillistと呼ばれる雑誌ではアメリカで最も高いコーヒーロースターズと評される。

 

2013年1月24日『Food Republic Coffee Power Rankings』に創業者のライアン・オドノヴァン( Ryan O’Donovan)とコルビー・バー(Colby Barr)の2人が選出される。

 

2013年10月27日、『THE TOP 10 COFFEE ROASTERS IN THE NATION』にてヴァーブコーヒーロースターズの豆が7位に選ばれる。

 

2013年9月6日、『The Best Coffee Roasters in the U.S. Right Now』に選出される。

 

求人情報や仕事の業務形態

VERVE COFFEE ROASTERS SHINJUKUでは直雇用での人員募集は行っておらず、CPセンターというカフェレストラン・バーの運営やカップケーキなどの販売を行う食品販売会社がバリスタ・マネージャー候補、アルバイトなどを募集・採用しています。

 

有限会社コンテンポラリープランニングセンター(CPCenter)
代表:杉浦 幸
本社住所:東京都渋谷区神宮前2-33-12 ビラビアンカ605
勤務地:VERVE COFFEE ROASTERS 新宿店
勤務体系:7:00~23:00(シフト・変形労働制)
社員:月給20万7000円~
アルバイト:時給950円~
交通費支給有り

 

社員はコーヒーショップ勤務経験のある方や、英語でコミュニケーションが採れる方。店舗マネジメント経験があるかたを優遇している。

 

アメリカのスタッフの中にはコーヒーティスティング大会で優勝し、世界大会で2位を受賞したコーヒーバイヤーもいるので、アメリカ本場のスペシャリティコーヒーを学びたい人や、バリスタを目指している方には最高の職場環境です。

 

採用担当連絡先
電話番号:0120-59-7713
Eメール:japan_jobs@vervecoffeeroasters.com

 

2016年3月時点で募集は閉めきっていますが、流動的なので興味のある方は採用担当連絡先へ連絡してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

 

新宿店場所とアクセス

東京に新規オープンするVERVE COFFEE ROASTERS新宿店は立地が良くアクセスも便利。
住所や連絡先は以下のとおり。

郵便番号:151-0051
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F エキソト
営業時間:8:00~22:00
電話番号:03-6273-1325
混雜や待ち時間についてはコチラ ⇒ VERVE COFFEE ROASTERSの混雑する営業時間は?待ち時間はどの位?

 

2016年春オープン、新宿駅に直結の商業施設ニュウマン2階

 

JR新宿駅新南口改札を出て左へ30メートルほど進んだところです。

地図(マップ)

交通手段:JR各線、メトロ丸ノ内線、都営新宿線、京王線など各電車が利用可能。

このウィキペディア風のVERVE COFFEE ROASTERS情報は随時更新予定です。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です